テレビドラマ

主人公の成長と、病児保育を利用する親子の葛藤に目が離せない!

『37.5℃の涙』の動画を、1話から最終回まで見逃し配信。動画配信サービスの無料お試しでドラマの見逃し配信を視聴。『37.5℃の涙』のあらすじ、出演者、感想。

病児保育の仕事を通して、1人の女性が強くなったシーンに感動

桃子が今まで避けてきた母親や兄に本音を言う場面は、1人の女性の成長を感じることができるオススメのシーンです。

母親との決別を心に決めるまでの桃子は、母親に逆らうこともできずなんとなく頼りなさげに見えていました。

しかし、母親や兄と距離を置くと決めた時の桃子の表情からは、迷いのない潔さが感じられたのです。

たくさんの親子の関係を間近で見てきた経験と、「リトルスノー」のスタッフの家族のような暖かい支えのおかげもあって、桃子の心は強くなったのだと感じた瞬間でした。

また、父親にも心を閉ざしていた小春ちゃんが、桃子には心を開くシーンもオススメです。

桃子の魅力が引き立つとともに、子供は純粋で素直な心を持つ人に惹かれるということがよく分かるシーンでした。子供は大人が思っているほど鈍感ではなく、鋭い観察力を持っているということも忘れてはなりません。

子供の体調が悪くなった時の、母親や父親の複雑な気持ちに共感

子供を産んでも働き続ける母親が増えてきているなかで、子供が突然熱を出したときに困った経験がある人も少なくないのではないでしょうか。

そのため、ドラマに登場する親の気持ちに共感する人も多いでしょう。

病児保育をおこなっている病院もありますが、定員オーバーの場合も多々あります。

しかし、ドラマのような訪問型病児保育の存在を知ることができれば、発熱した子供を預ける場所の選択肢が増えるのではないでしょうか。

また、このドラマでは病児保育を利用する親や子供の感情が細かく描かれています。

そして、親が不在の間、子供が寂しさを感じないように一生懸命相手をする姿に心を打たれる人も多いでしょう。

今まで子供が体調を崩した時に罪悪感を感じながら会社に行っていた人も、このドラマを見れば自信を持って仕事を続けることができるのではないでしょうか。

『37.5℃の涙』)は、椎名チカによる日本の漫画作品、およびそれを原作とするテレビドラマ。病気の子供の世話をする病児保育士を主人公にした物語を描いている。ウィキペディア

テレビドラマ

ホテルコンシェルジュで私達が得られるもの

『ホテルコンシェルジュ』の動画を、1話から最終回まで見逃し配信。動画配信サービスの無料お試しでドラマの見逃し配信を視聴。『ホテルコンシェルジュ』のあらすじ、出演者、感想。

ホテルコンシェルジュのとオススメのシーンは?

ホテルコンシェルジュは、毎回、コンシェルジュとお客さんとの間で様々な人間模様やドラマが起こり、その出来事を通して、主人公の西内まりやさん演じる天野塔子が成長していく話となっています。

私がおすすめするシーンは、6話での出来事で、天野塔子が本当に仲間を思っているとわかるシーンがオススメです。

6話では、お客様の高価な指輪が紛失してしまい、清掃などを担当しているホテルのスタッフが盗んだのではないかと疑いがかかり、そのスタッフは退職して責任を取らなければならないほどまでに追い込まれます。

ですが、天野塔子が奮闘しその問題を結局は解決することができるのですが、天野塔子と仲間に話す言葉などが、働くっていいなあと思わせてくれます。

全話通して恋愛模様はないですが、様々な個性のあるお客様の登場や、天野塔子がどのように成長していくのかが、本当に見ごたえがあると思います。

ホテルコンシェルジュで挑戦する姿勢を見習おう!!

ホテルコンシェルジュの見どころは、様々な問題や困難がありながらも、お客様の願いを叶えようと奮闘するところにあります。

お客様の願いを無理のない程度に基本的には叶えるというのがスタンスにありますが、基本的には無理なことのほうがほとんどです。

ですが、不可能と思っていても果敢に挑戦し、何かしらの答えを導き出す主人公の姿にとても勇気がもらえると思います。

若い世代は、様々なしがらみや不安と戦いながら日々過ごしていると思います。ほとんどうまくいかないことのほうが多いですが、でも行動することで何かを得ることがができると思います。

ホテルコンシェルジュの天野塔子も、自分が本当にコンシェルジュに向いているのか悩んだり、日々葛藤しながら生活しています。

そんな姿に若い人たちは多くの共感を得ることができると思いますので、特に若い世代の人に、ホテルコンシェルジュをオススメしたいと思います。

『ホテルコンシェルジュ』は、2015年7月7日から9月22日まで毎週火曜日22:00 – 22:54に、TBS系「火曜ドラマ」で放送されたテレビドラマである。全10回。主演の西内まりやはゴールデン・プライムタイムの連続ドラマでは初主演となる。 ウィキペディア

『ホテルコンシェルジュ』もそうですが、見逃したり、もう一度見たいと思ったら、今はVOD(動画配信サービス)があるので便利ですね。

動画配信サービスは便利ですよ、まだ見たことがない人なら一度試してみるといいですよ。レンタルビデオより便利で安上がりだと思います。

hulu、Amazonビデオ、dビデオなど、無料でお試しできるサービスがあるので、申し込んでみてください。

まったく無料である一定期間見放題なんです。Huluの無料お試しなら2週間も全作品が見放題なんですよ。もちろんAmazonビデオ、dビデオ、Netflixなんかも無料トライアルがあります。

ドラマ好きならまずはHuluから無料トライアルを申し込んでみましょう。

テレビドラマ

「ウツボカズラの夢」を見た感想

小説の独特な雰囲気が上手くドラマ世界で表現されていました、ウツボカズラのように狡猾に力強く、周りの強烈な登場人物たちを攻略していきます。それぞれの思惑が入り乱れる駆け引きは、手に汗握る緊張感が漂います。

特に面白かった所

「ウツボカズラの夢」は、小説を原作とするドラマです。元々この小説を愛読していた私は、どんな風にドラマ化されるのか興味がありました。

人間の醜い部分をクローズアップする描写は、思わず目を背けたくなる程シビアです。小説の独特な雰囲気が上手くドラマ世界で表現されていたと思います。

特に私が面白いと感じたのは、逆境に負けず這い上がろうとするヒロインの力強さです。ウツボカズラのように狡猾に力強く、周りの強烈な登場人物たちを攻略していきます。

このヒロインを透き通るような美しさが眩しい志田未来さんが演じるというギャップがたまりませんでした。ドラマを見ていると、ついつい志田さんの澄んだ目に引き込まれます。

綺麗なだけでなく、台詞がなくても表情だけで心情を表現できる実力派の女優さんだと思います。

また、ヒロイン以外のキャラクターも一筋縄ではいかない程激しくて個性的です。それらの人物たちが織り成すシーンの一つ一つが印象的でした。

おすすめのシーン

具体的に印象に残ったシーンをあげるとしたら、ヒロインと鹿島田家の姑・久子との対峙シーンです。これは最終回直前の第七話で登場しました。

それぞれの思惑が入り乱れる駆け引きは、手に汗握る緊張感が漂います。久子を演じる松原智恵子さんは、上品でおっとりした雰囲気の女優さんです。

その静かさが余計に怖さを掻き立てていました。このシーンがあったからこそ、最終回のクライマックスのシーンが際立ったように思います。

苦労ばかりのヒロインに幸せになって欲しいと願いつつ、一方で心の奥にやりきれない澱のようなものが溜まっていく大人のビターなドラマです。見るのが怖いと思いながら、ついつい最後まで見てしまいました。

当たり障りのないドラマに飽きたという方や、ドロドロの展開の激しいドラマを見たいという方に是非おすすめしたいドラマです。

参考サイト:ウツボカズラの夢